2013年12月25日

突撃★ブリーダー訪問 中村正則氏 飼育場


平成25年10月14日


大阪在住のとあるお方の飼育設備が凄すぎるとの話を聞きつけ、得意の押しかけ訪問を決行。今回は、らんちゅうの酸いも甘いも味わい尽くした、飼育歴30年の大ベテランブリーダー中村正則氏の飼育場訪問記です。

1.jpg

入口の横には癒しの空間。植木の配置もお洒落でインテリア性抜群、落ち着いた雰囲気が漂う飼育場である。

2.jpg

ご自宅からほんの少し離れている築13年のこの飼育場、まず一言、とても綺麗である。ホースやアミなど飼育器具の収納のことまで考えて池を設計されたそうだ。

3.jpg

プロ顔負けのこの設計図は、中村氏ご自身がパソコンで作ったもの。
隅々まで精密に設計されており、飼育上の所々に中村氏のこだわりを見つけることができる。

4.jpg

コンセントはコンクリートに埋め込まれ、池の側面各所に設置されている。
散らばったコードに足が絡まる心配もなく、通路はとても歩きやすい。

5.jpg

エアー分岐パイプもコンクリートに埋め込まれている。漏電等でエアーが止まることもない。外観もスッキリしていて爽快、すばらしい設計である。



6.jpg

遮光ネットは一番遮光率が高いものを使用しているそうだ。池の上部に設置したのも中村氏ご自身なのだそう。お見事です。

中村氏が魚を起こすのは3月の中旬頃。ヒーターを使わず割水で水換えをしながら起こすそうだ。3月にもなれば気温も徐々に上がってくるため、魚の体に負担をかけず自然体で起こすことができるのだと中村氏は言う。

雄種も雌種も同時に起こすが、4月に入ると雄魚にはヒーターを入れ水温を18度に保つ。起こすのが遅い分仔引きも遅めで、4月から5月の末くらいまで卵を採るそうだ。この時期の仔引きでも大きさは十分間に合うとのこと。自分の魚を熟知し且つ中村氏の腕があってこその、遅めの仔引きなのだろう。

7.jpg

人工授精で採卵し、採れた卵は小さなプラ舟に入れて孵化を待つ。孵化1週間後の初めての水換えの際に、プラ舟からたたき池に移動させるそうだ。

「魚が小さい時期は水深を浅くして飼育したほうがいいとよく耳にしますが、自分はあまり気にしていません。魚が小さい頃からずっと、たたき池に水を満タンに張って飼育しています。孵化1週間後の水換えでたたき池に稚魚を移すときも、たたきの水は満タンですよ。池の水は水道水です、水換えの都度にハイポで中和して使っています。」

8.jpg

中村氏は孵化の前日に、ミジンコを舟に投入するそうだ。ヒーターで加温されているプラ舟の中にミジンコを投入すると、親ミジンコから小さなミジンコが次々に生まれ爆発的に増殖していく。

生まれてくるミジンコは孵化した稚魚たちも食べられるくらいの小さなサイズなので、口が完成した稚魚からどんどん食べ始まるそうだ。もちろんシュリンプも与えるが、シュリンプを投入するのは孵化2日後くらいから。

9.jpg

仕事の忙しい中村氏が赤虫を与えられるのは1日のうち朝の1回のみ。朝1回の赤虫の他は、粒餌をフードタイマーで2時間ごとに計6回落とすそうだ。与えている粒餌はおとひめや咲ひかりの鯉用など。

10.jpg

中村氏の選別ではいいものを拾っていくのだそう。長年の経験による正確な選別眼で、魚が小さい時からできるだけ数を減らし少数精鋭で魚を作っていく。

第一選別では尾の開きをよく見るようにしている。サシやつまみはもちろんだが、人によっては残す芯太や芯が黒いものも迷わず捨てる。

11.jpg

らんちゅうの状態や餌やりの状況は毎日日誌につけているそうだ。
感覚ではなく、記録に残すこと。この地道な作業が良い魚を作る近道だ。


取材の前日は、第58回錦蘭会の秋季品評大会。
中村氏の魚は、親魚部門で立行司(3席)に入賞した。

12.jpg

13.jpg

14.jpg

筋肉質の太い魚体で存在感抜群の良魚だった。
その親魚が前日まで泳いでいた池がここだ。

15.jpg

大きく広々としたたたき池。ここに泳いでいるのはすべて2歳親魚なのだそう。
なんとこの池、横幅は1300、奥行は2mもあるのだ。

その池の中に見つけた一際頭が出ている魚。
「今年で9歳なんです」
中村氏はそう言いながら、魚を洗面器に上げてくれた。

16.jpg

餌を食わせて作っていく”らんちゅう”は、長寿を全うできる個体が非常に少ない。
明日の餌も保証されない野生のフナから改良されてきた「らんちゅう」。
この生き物に対して、ブリーダー達の飼育方法では明らかに餌が多すぎるのだ。
充分過ぎる餌料の代償は、協会系らんちゅうの”短命”にも繋がっているだろう。

17.jpg

協会系らんちゅうで9歳魚、この魚は今年の春も種雄として使われたとのこと。
種だからこそ、現在はそこまで多量の餌を与えているわけではないだろうが、当歳時はやはり食わせて内蔵に負担をかけながら作った魚。

大きな池の中でストレスフリーで暮らしているから、元気に長生きできているということなのだろうか。

18.jpg

肉流の発達によりもう両目は隠れてしまっていたが、この9歳魚はたたき池の中を何不自由なく泳いでいた。もちろん若い魚たちのようにハキハキとはいかず、その泳ぎにはどうしても老いが出てしまう。

だが、壁との距離感を体で覚えているようで、壁に激突する間際、いとも簡単に方向転換するのだ。他の若魚「2歳3歳魚」たちとは一味違う、落ち着いた「親魚」の泳ぎを我々に魅せてくれた。

19.jpg

「1度当たるとその年から3年は当たりが続きますよね。同じ親を種に使えますからね。その年当たり腹だったのに、血が濃くなり過ぎるからと無理やり種を導入する人もいますが、無理に種を入れるのはあまり良くないと思います。欲かいたらあかんのですわ。」

幾度も当たりを経験しているからこその、重みのある言葉。
がむしゃらに種を導入しても何も得られない。たとえそれで当たったとしても、次に続く可能性は限りなく低い。自分の系統、自分の魚をよく理解した上で種を考える。

『当たり前のことのようで、意外と見落としがちなこと。』
その当たり前のことを、中村氏のような熟練のブリーダーほど気にかけている。

らんちゅうはセンスだと言われるが、経験によって得る知識もらんちゅう作りには必要だと思う。長年らんちゅうを見ているからこそわかる「らんちゅう」という生き物の難しさ。それを知っていると知らないとでは、できる作品は確実に違ってくるのだ。

20.jpg

初対面の取材班にも懇親丁寧にらんちゅうのいろはを伝授してくれた中村氏。
今後を担う若手のブリーダー達には、彼の知識をもっと吸収していただきたいものである。


【中村正則氏 池&プロフィール】

飼育池
1000×1000:3面(トリートメント用たたき)
1500×1500:10面(当歳用たたき)
1300×1800:4面(FRP)
1300×2000:4面(2歳親たたき)
その他プラ舟が10枚以上

近所の人がらんちゅうを飼育しているのを見てその存在を知り、奈良の大和郡山で初めてらんちゅうを購入、飼育を開始する。かの有名な西滝師匠の下らんちゅうのサイズアップや作り方、はたまた病気の治し方など、らんちゅういろはを学ぶ。目標はもちろん日本一、誰が見ても5を出す魚を作ること。




posted by 西日本/社団法人日本らんちう協会 at 00:10| Comment(0) | ブリーダー訪問

2013年12月04日

突撃★ブリーダー訪問 小國秀人氏 ご自宅飼育池


平成25年10月14日


昨年の錦蘭会秋の品評大会では弐歳魚小之部にて『東大関』
今年の錦蘭会初秋品評大会では当歳大之部『西大関』
同会秋季品評大会では当歳小之部で『西大関』

ここ数年錦蘭会を荒らしている若手がいると聞きつけて、ここぞとばかりにご自宅訪問を決行。
今回は西日本の期待の星、小國秀人氏のご自宅飼育池訪問記です。

1.jpg

第95錦蘭会秋季品評大会で当歳小之部西大関に入賞した小國氏。
実はらんちゅうを始めてまだ6年目というのだから驚きである。

2.jpg

錦蘭会西大関(2席)入賞魚、尼崎市議会議長賞を受賞。

3.jpg



【超新星おぐに氏の飼育池】

錦蘭会大会の翌日、小國氏の池にお邪魔した。
少し標高の高い閑静な住宅街にあるご自宅、そのすぐ脇にFRPの船を並べていた。

4.jpg
5.jpg

2歳親飼育池が2面、当歳飼育池が6面の計8面で魚を作る。
この少ない面数で毎年錦蘭会を騒がせているのだからなお驚きである。

6.jpg

小國氏は飼育池の他に、小さな治療専用池を持っている。
大会から持ち帰った魚はまず飼育池でトリートメントし、それでも調子がイマイチ上がらない場合には、その魚を治療専用池(22〜23℃)へ移動して治療をしていく。

大会後は主に駆虫薬やエルバージュ、もしくは塩(0.2〜0.3%)を使ってトリートメントをしていくが、エルバージュと塩の混合使用はほぼしないという。これは小國氏がご自身の経験から学んだことだそうだ。

飼育水には水道水を使用し、朝の時間帯に全換水している。夏も涼しい立地のため、舟の飼育水と水道水との水温差はそれほどなく、夏場でも気楽に水換えできるのだそう。

小國氏はお気に入りの当歳魚を洗面器にあげて1匹1匹見せてくれた。

7.jpg



孵化後2週間で第一回目の選別を行う。孵化後約1ヶ月後の青仔の時期からは、ハンマーで潰した赤虫と冷凍ミジンコを併用して与えていく。

選別して数を減らした後は少し足りないくらいの量で餌を与え、
魚たちが食べ慣れるのを確認しながら徐々に餌量を増やしていくそうだ。

8月くらいからは粒餌も与えていく。
色揚げの餌も混ぜていくが、使うのは咲ひかりの紫パッケージのものだそうだ。

8.jpg



夏場の赤虫は食べきれない程の量で与えているそうだが、残餌を取り除くことはほとんどしないと言う。らんちゅうたちが夜のうちに勝手に食べるので、自然にまかせて残餌はそのまま置いておくそうだ。

もちろん生き物なので、調子がイマイチ上がらず餌を残すこともある。
残しすぎていた時は必ず全換水しているそうだ。
その後1日しっかり餌を切り、調子を戻すのだそう。

残餌を放置することもしばしばという小國氏の池だが、なぜ水質を良好に保てるのか?

その秘密は舟にある。

小國氏の舟は1年中コケを生やしたままなのだそう。
そのコケの浄化作用により水の状態を良好に保てているのだと小國氏は言う。
またらんちゅう達はその苔を小さい頃からついばんでいるので、バランスの良い食事により丈夫に育ち、秋には自然な色揚がりの体色に仕上がるのだそう。

9.jpg



こうして写真を並べて見ていると、小國氏の作る魚の特徴が良くわかる。
玄人好みの、きっちり染め分けられた尾。
頬に肉のつかないスタイリッシュな真四角の頭。
細いと感じさせない長手作りの上手さ。

3匹目の更紗魚は、今年8月の錦蘭会初秋品評大会の当歳大之部にて西大関に入賞した魚。取材時も、とても元気に池の中を泳いでいた。

そして、池を覗いているうちに見つけた一際目立つ大きな魚。
2歳かと聞けば、なんと当歳だという。

10.jpg

取材をしたのが10月14日、その時点でサイズは体長で16cm以上あった。
来期の種雌にする予定だという。
背幅・筒共に太く頭も上々、そして何よりこのサイズ。実に羨ましい種雌である。
来年もうるさい魚を続々と輩出してくることだろう。

小國氏は、2月の末から徐々に水温を上げて魚を起こす。
週に2〜3℃のペースで15℃まで上げ、15〜16℃の水温で人工授精で採卵する。
雄は、雌より1週間早く起こすようにしているそうだ。

11.jpg

彼の話を聞いていて、らんちゅうに対して非常に熱心で勉学を怠らない努力家だと感じた。
そして、彼の作る魚を見て、その素直で真っ直ぐならんちゅうへの思いを確信した。

作る魚はそのブリーダーをよく表している、いわば鏡のような存在だ。
あまたのブリーダーの魚を見てきているからこそ感じる、
その魚から見えるブリーダーの心の中。

小國氏は、本当にらんちゅうのことをよく考えている。
よく学び、よく考え、魚に対して接している。

だからこそ、魚たちが小國氏についていく。
小國氏の思うように魚が出来ていく。

生き生きと池の中を泳ぐ魚は、小國氏の気持ちをよく表してくれていた。
数年後のらんちゅう界において、今では想像もつかないくらい名が売れているブリーダーとなっているだろう。取材班一同、今後の躍進を非常に楽しみにしている。


【小國秀人氏 池&プロフィール】

当歳飼育池:6面
弐歳親飼育池:2面

飼育歴は6年、仲間から譲り受けた大会役魚を殺さないよう、らんちゅう関連の書籍を読んだりアクアショップ巡りを繰り返して勉強していくうちにらんちゅうの飼育にハマり込む。

師匠である山本史郎氏(錦蘭会所属)のもとへ通い続けらんちゅうを学び、品評大会で上位を争える実力をつけた今でも師の元を訪れらんちゅうの知識を吸収している。勉学を怠らない努力家。

今後の目標は、メジャー会ローカル会問わずコンスタントに優等に魚を載せること。



posted by 西日本/社団法人日本らんちう協会 at 00:45| Comment(1) | ブリーダー訪問